きもの

トップページ > きもの

通常、店頭に並ぶことのない職人さんこだわりの柄、オリジナル柄を紹介します。

秋の着物と帯

松煙染紬と縮緬染帯

紬の地色はアイスシルバー縞の色もランダム。雪持ち笹柄の染帯は黄色が新鮮。そして黒のトンボ玉の帯留で〆ました。
モノトーン的組み合わせはリラックス感を醸し出します。

ログウッド染紬と紬染帯

濃い墨色紬に同色の紬帯。更紗柄のエンジ色が美しい響きを出しています。
個性的な感覚の着物姿になると思います。

江戸小紋と縮緬染帯

角通し柄の江戸小紋は粋ですが手描き疋田の菊柄は秋の響きを奏でています。帯締めもさりげなく秋色です。

信州上田紬とタッサーシルク帯

真田幸村の里で織り上げた新しい紬で色も風合いも新しい感覚になってます。
帯はインドの野蚕(タッサーシルク)に更紗柄は本場インド更紗帯です。

白大島に白い染帯

着物も帯も白。オールホワイトでまとめると粋でクリーンな印象です又都会的な感じも醸し出してます。
帯締め帯揚げで印象の違う着物姿ができます。

丹後紬と紬染帯

この帯は薄い浅葱色に明治丸と呼ばれる更紗柄の手描きの紬帯です。きものは紬や江戸小紋みたいな無地感覚的なきものにあいます。
帯締めは帯と同色にして帯をひきたたせました。誘惑するような帯の地色ですよ。

無地染紬と紬染帯

紬帯のエンジ色がかわいらしさをだしています。きもののこげ茶色とすばらしいコンビでした。
他に白大島や縞格子等のきものにも似合うし江戸小紋にもいいですよ。

紅型帯と江戸小紋

単色の着物に多色の帯には帯締めがポイントですっきりした組み合わせは新しいと思います。
紅型は南国沖縄産。江戸小紋は東京産。

日本の礼装

日本の礼装 1

留袖、訪問着、付け下げ、色無地等は礼装用のきものが多く、そして柄には吉祥文様が多くはいります。
そんな中でこの椿柄の付け下げは日本の季節を表しています。この季節を大事にする日本の文化は素晴らしいですね!
白椿の品格のある表情、さりげなく入った刺繍、葉の絞りの色合い、それぞれの職人技の賜です。

日本の礼装 2

刺繍だけで柄を表した控えめな付け下げ着物。地色と同じ位の色使いの為、帯次第で変化が楽しめます。
もちろん年齢問わずのきものです。この柄の刺繍はミシンでもこんなにも細く細かくできてます!
雪の結晶みたいに見える柄ですが春でも秋でも大丈夫ですよ。

日本の礼装 3

吉祥文様でもなく季節もなくどんな場面でも着用可能な付け下げなんです。手描きと刺繍は新しい感覚がでています。
もちろん袋帯でも名古屋帯でも場面で使い分けられるきものです。

よそゆき小紋

小紋でありながら礼装的な色柄なので、お茶会、披露宴、入学卒業式、などの普段着的でない小紋です。
袋帯でも染帯でも大丈夫なんです。どちらかでいうと小紋と付け下げの間くらいのきものです。

よそゆき小紋 1

泥染めに近い深みのあるこげ茶色地に正倉院文様的柄の格のある小紋です柄には金線が入り、歌舞伎、お能、美術館などなど幅広く着ていけます。
帯により使い分けてもらえます。こんな濃い色だとエレガンスな気持ちにもなるかも~

よそゆき小紋 2

きれいな地色に手描きで文様を描き、付け下げにも見える小紋で色も上品です。 手描きなので加工小紋とも呼ばれ普通の小紋より格上になるので、結婚式にも着ていきました。
最近の着物の色はアイスシルバーとか、ネオンイエローとかの透き通る色が新しい感覚です。
このよそゆき小紋は地紋がサッカーボールか東京オリンピックのエンブレムみたいですよ!

アジアの帯

アジアの帯1:更紗帯と丹後紬のきもの

タッサーシルク生地に更紗柄の帯は本場アジア。
着物は丹後で開発し生糸と紬で織り上げた繊細で艶のある紬で風合いも張りがあります。
黄色の帯締めと蒼のボカシ染めの帯揚げが新鮮です。

アジアの帯2:タッサーシルク帯と柿渋紬きもの

タッサーシルクはインドの野蚕の一つです。家蚕と違い桑の葉でなく、沙羅双樹の葉を食べます。
色は繭ごとに一定しておらず自然とでてくる濃淡の柄は何とも言えない美しさです(会津の凜さん作品)。
帯締めはジャワ更紗生地。帯揚げに緑を使い現代風にみせました。又、黒地の帯締めを使うと個性的。

アジアの帯3:更紗柄の半幅帯に木綿絣や柿渋紬

藍の久留米絣(綿)に金更紗の半幅帯。帯締めに白を使いアクセントに。帯揚げは帯や着物をじゃましない色で。
他に帯締めをかえて柿渋紬にも似合いました。半幅帯に帯締めや帯揚げはいらないのですがアクセントに使うと素敵になります。
久留米絣は単衣仕立てがよいです。

アジアの帯4:ざっくり感のある帯

インドネシアのイカット柄とインドのタッサーシルクを組み合わせた帯ですザックリした風合いはアジアそのものの感じがあります。
写真の柄はお太鼓に来る柄で前は無地です。帯飾りもアジアンチックなものから和のものまであいます。 絞りのはいった帯揚げはざっくり感のおびにピッタリでした。

2016 夏

夏きもの 5

  • 蛍柄の小紋 と 茶屋辻柄の夏帯。
  • きもの     絽風の紬生地にホタルが舞っているような小紋染です。
  • 帯       手描き友禅の茶屋辻文様とよばれている伝統的な柄です。
  • 帯締め     トンボ玉の黒に緑の文様が素晴らしい。
  • 帯揚げ     草木染の絽ちりめん。

夏きもの 6

  • 夏塩沢絣 と 鷺柄の染帯
  • きもの    サラサラして風を通し透け感をだした夏塩沢絣は日本の夏に最適な着物の一つです。
           色はうすい水色に縞がはいってます。
  • 帯      絽風の生地に鷺とジャカゴ(珍しい)を手描きした粋で涼感が響く染帯です。
           ジャカゴとは竹でカゴを網み中に石等を入れて水流制御等に使われていました。
           天然の土石なので自然や生態系と親和性が良い。
  • 帯留     トンボ玉の高級品ですよ。
  • 帯揚げ    絽ちりめんの草木染。

夏きもの 7

  • 型染小紋 と 帯留 と下駄
  • きもの    菊唐草文様の綿100%の夏向き小紋ですが春から秋まで着用期間が長く着れます。洗たくも水洗いできます。
  • 帯留     トンボ玉を使ったこの帯締めも着物姿をひきたてます
  • 下駄     この下駄は紬きものにも使える高級下駄です。
  • 帯揚げ    夏の絽ちりめん生地に草木染で染めました。

2016 春から夏へ

新作きもの

花菱小紋の着物にクールシルバーの袋帯。帯揚げ帯締めによりこんなにも変化。
新感覚の染帯ですが久米島紬によくあいました。帯締も新感覚の色。 走るくまモン!

夏きもの 1

きものは綿と麻の生地でサラサラ感のある新柄浴衣なんです。
帯は墨色ボカシに組紐の帯留がかわいらしさもある大人の雰囲気です。 ミンサー帯は白地の新色でキリリと引き締まります帯留のブルーが響きます。3色ボカシの帯は色々なきものに合う応用範囲がひろい傑作品です組紐の帯留にもあいました!
帯留は吉春吉さんの創作です。

夏きもの 2

この浴衣は地色と柄がとてもよく染め上がってます。浴衣に合う帯留はとってもお洒落。
黒の帯締めが粋。ミンサー帯は今年の新柄で白地なのがいい!かんざしは吉春吉さんの創作!また帯により着物姿が変化。

夏きもの 3

綿絽生地のゆかたです。それぞれ帯を変えると浴衣姿もかわりますよ。
この浴衣も家で手洗い出来ます。

夏きもの 4

今年のわかやぎ特選浴衣は色目がクールアイス的になってます。小千谷縮も同じです。
大人の兵児帯も好評なんです。

春のきもの2

藍染

  • きもの
    紬生地に辻が花絞り。絞りの所だけを藍で染め上げた職人技で生地は単衣にもむいてます。


  • 本藍染めの紬帯ですが藍の濃い色がすばらしい響きを出してます。

  • 帯締
    パールホワイトとアイスグレーのコラボは今までにない帯締めで白く輝くホワイトと冷たいグレーの組み合わせは着る人の着物姿をも新鮮にみせます!

  • 帯揚げ
    縮緬生地に手描きのボカシ染めはプリントとは違うのです。

浜梨染

横浜は梨の生産地でもあるのです。ここで採れた梨は浜梨とよばれて主に生産した所でしか販売してません。
昨今、浜梨とブランドになりつつあるようです。この浜梨の枝から草木染を今年もしました。
花が咲く前の枝には勢いがあり色にも表れるそうです。帯揚げとショールですが帯や着物もつくります。

弥生 3月

なごり雪も 降るときを知り
ふざけすぎた 季節のあとで
今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっと きれいになった

きもの・・・・・・・上田紬(真田丸)新商品
帯・・・・・・・・・・・京友禅染め帯
帯締め・・・・・・・手組み水引
帯揚げ・・・・・・・手描きボカシ

草木染紬の小物

普段は着物を着ない人!年に一度だけこの季節にこの帯を締めてください!
素晴らしいでしょ!日本人でしょ!

きもの・・・・・・上田紬
帯・・・・・・・・・京友禅染め帯(塩瀬生地)
帯締め・・・・・手組み水引
帯揚げ・・・・・手描きボカシ(縮緬生地)


着物をきかえて 帯(おび)しめて
今日はわたしも はれ姿(すがた)
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひな祭り

草木染紬の小物

きもの・・・・・・花菱小紋・越後縮み・絞り藍染小紋・絞り辻が花
帯・・・・・・・・・西陣袋帯・たつむら袋帯・手描き更紗帯・藍染め帯
帯揚げ・・・・・縮緬無地・縮緬手描きボカシ
帯締め・・・・・平組礼装向き・手組み二色水引

みる力は知る力よりも多くを識る。
物そのものを見ることです。そして触れてみる事です。
わかやぎにある着物や帯等はぢかにみてほしいのです。
とりあえず観にきてください!

春のきもの

草木染紬の小物

数奇屋袋
懐紙いれ
巾着
草履

手書き更紗帯と野蚕入り紬

この更紗帯は紬生地に更紗染職人の作品です。
現代はやたら作家さんや染師さんなどがいます。しかしながらこの職人さんは作家きどりはしません!
サインや落款もないけど、響きがあります。わかやぎ二階のかげぼうし。と、かんざし。

春一番の訪問着

本来絞り着物は礼服にならないといわれてますが現在では気にしなくてよいと思います。
こんなに手間隙かけた訪問着をつくる職人さんがいなくなってきているのです。
リンゴは笠間焼き。草履はわかやぎ特選。

これが日本刺繡だー!

日本人に響く 刺繡の色と技
こんな刺繡ができる職人さんもやはり、高齢化して、あとに続くひとはいないそうです。

このページの先頭へ