きもの

トップページ > きもの

2011年

秋のきもの5

このコーナーの白い袋帯は、金銀糸がすくないので色無地きもの・付け下げ・訪問着・大島等まで合わせてみました。
皆良く合いました東京とは違う横浜風になるように小物で工夫変化してみました。

ちりめん小紋市松ドット1

ちりめん小紋市松ドット1

ドット柄の小紋に同系色の袋帯でスーツ感覚のシックなきもの姿にしました。
帯揚げ帯〆でアクセントを付けてこんなにも変化します時期をえらばないきものと帯ゆえに帯〆。 帯揚げ・半襟等で季節感を出してほしいとおもいます。

  • きもの :ちりめん小紋市松ドット ¥280,000(仕立て代共)
  • 帯揚げ :ちりめん手描きボカシ(絹100%)¥18,900
  • 帯〆め :国産手組み(絹100%) ¥29,400
  • 帯留め :トンボ玉 ¥39,900(紐部分 絹100%)
  • 袋帯  :絹100%

紬江戸小紋千筋

紬江戸小紋千筋

江戸小紋の千筋柄を染め上げた紬きものにぶどう柄の白い袋帯を合わせてみました。
帯の地色は白と薄紅色なので濃茶と白の水引の帯〆をあわせてみました。 江戸の粋をやわらかく着こなせるきもの姿になりました。

  • きもの :紬江戸小紋千筋 ¥350,000(仕立て共)
  • 帯揚げ :ちりめん手描きボカシ(絹100%)¥18,900
  • 帯〆め :国産手組み(絹100%) ¥29,400
  • 帯留め :トンボ玉 ¥39,900(紐部分 絹100%)
  • 袋帯  :絹100%

秋のきもの4

紬きものと半幅帯

紬きものと半幅帯

真綿紬にぜんまいの綿を織り込んだ紬なので、やわらかく・あたたかく・やさしく自然な紬で真綿とは違う感覚の紬です。
帯は童と花と蝶がやさしさにあふれています。こんな帯をしめると心がきっと豊かになるでしょう~。 そして帯〆や帯揚げで飾りました!

  • きもの :真綿紬ぜんまい入り ¥185,000(仕立て代共)
  • 半幅帯 :表地(麻) 裏地(綿)
    ※染めは黄土と松煙の引き染め¥48,300
  • 帯揚げ :ちりめん手描きボカシ(絹100%)¥18,900
  • 帯〆め :国産手組み(絹100%) ¥24,150

秋のきもの3

雪国のきものと南国の帯のコラボレーション

着物は小千谷縮の紬で野蚕糸を縞に織り込んだ為に色柄・風合い共に深みがあります。 帯は花織りといわれてる紬帯で南国らしくない柔らかな色合いなので帯〆を変える事によりいろいろな変化がたのしめます。
※野蚕とは野生のお蚕さんなので、桑の葉以外も食べて育つので、糸も強くて普通のお蚕さんに比べ染まり難いのです。

  • きもの:小千谷縮紬(野蚕糸入り絹100%)新潟県
    ¥280,000(仕立て代共)
  • 帯  :首里花倉織り(絹100%)沖縄県
    ¥280,000(仕立て代共)
  • 帯〆め:トンボ玉付(国産手組み絹100%)¥49,900
  • 帯揚げ:ちりめん手描きボカシ(絹100%)¥18,900
  • 帯〆め:ターコイズ国産手組み(絹100%)¥24,150
  • 帯〆め:白黄水引国産手組み(絹100%) ¥24,150

雪国きもの・東京きものと南国の帯のコラボレーション

雪国の着物(小千谷縮紬)と南国の帯(紅型染)
小紋の着物(型染め)と南国の帯(紅型染)

  • きもの :小千谷縮紬(野蚕糸入り絹100%)新潟県
    ¥280,000(仕立て代共)
  • きもの :小紋(型摺り染めヒッタ絹100%)東京
    ¥380,000(仕立て代共)
  • 帯   :紅型染(絹100%)沖縄県¥300,000(仕立て共)
  • 帯〆め :トンボ玉付(国産手組み絹100%)¥49,900
  • 帯〆め :白青水引国産手組み(絹100%) ¥24,150
  • 帯揚げ :ちりめん手描きボカシ(絹100%)¥18,900
  • 帯揚げ :ちりめん無地(絹100%)    ¥3,500
  • 下駄草履:                ¥12,800

ラメ入り着物

秋本番。パーティーなどに向けてこんな着物姿はいかがですか。 小物しだいでみごとに変わります。

  • きもの :ラメ入り無地きもの(絹100%)¥280,000(仕立て代共)
  • 帯   :袋帯(絹100%)¥100,000(仕立て代共)
  • 帯〆  :無地(絹100%)¥12,600
  • 帯揚げ :ちりめん無地\3,500

秋のきもの2

秋の小物

いずれの小物も式服やおしゃれに使えます。

  • 帯〆  :トンボ玉¥39,900
  • 帯揚げ :手描きボカシ¥18,900
  • 帯〆  :手組み(絹100%)¥24,150
  • 帯揚げ :手描きボカシ¥18,900
  • 草履  :日本製¥16,800

木綿格子きものと京辻が花帯

着物は木綿生地で新潟産。ざっくりとした風合いが特徴で、最近では写真のような草履を履く人も増えています。
帯は辻が花染めで、着物との組み合わせでいろいろ変化します。また帯〆は帯との調和をとりました。

  • きもの :木綿格子(綿100%)¥68,000(仕立て代共)
  • 帯   :京辻が花(絹100%)¥280,000(仕立て代共)
  • 帯〆  :国産手組み(絹100%)¥26,250
  • 帯揚げ :ちりめん無地(絹100%)¥3,500
  • 草履  :台は寄木の白地でおしゃれ。¥12,600

秋のきもの

紬きものと紬帯

この紬のきものは真綿より紡いだ糸で織り上げられ薄い生成り地に縞が市松に配されてます。 帯は紬地に洋梨柄を力強く染め上げた名古屋帯で前とおたいこのラフランスの味わいの違うのがおもしろいです。 帯〆や帯揚げにより感覚がかわるのも素晴らしいです。

  • きもの :紬縞の市松(絹100%)¥180,000(仕立て代共)
  • 帯   :紬型染めラフランス柄(絹100%)¥180,000(仕立て代共)
  • 帯〆  :白赤(絹100%)¥15,000
  • 帯〆  :黄・青それぞれ(手組み日本製 絹100%)¥24,150
  • 帯揚げ :ちりめん手描きボカシ(日本製 絹100%)¥18,900

夏のおしゃれ2

夏のおしゃれきもの(綿絽[めんろ]小紋)

夏の木綿生地に小紋柄を染めたきものですが帯により用途が使い分けられる木綿のきものです。 この着物は家で手洗いできるので汗や汚れも気にならずに着れます。

  • きもの :綿絽(綿100%)¥31,500(仕立て代共)
  • 帯   :袋帯(京都西陣 絹100%)¥200,000(仕立て代共)
  • 帯〆  :トンボ玉(手組み日本製)¥39,900
  • 帯あげ :絞り黒地(絹100%)¥13,650
  • 帯   :名古屋帯黒地(麻100%)¥52,500(仕立て代共)
  • 夏ぞうり:コルク台(日本製浅草 6月~9月までOK)¥16,800
  • 塗り下駄:桐台(日本製)¥12,600

夏のおしゃれ

夏のおしゃれきもの

小千谷縮(写真:左)
夏のきものはやはり麻素材が涼しさでは一番と思います。 あとは風を通す組織(絽とか紗とか他)であれば涼しいですね。 帯の柄は雪輪文様の中に鳥獣戯画が描いてあり格もそなえた名古屋帯となってます。 帯〆帯揚げにインパクトある色を使って涼しさも強調。 見た目にも涼しさを人に与えるのも着物のよさです。

綿絽浴衣(写真:真ん中 上)
この浴衣は絽織りで普通の浴衣にくらべて涼しさが倍くらいあります。 見た目にも透けていてほんとに涼しそうです。(下着がいります) 帯は麻素材なので、やはり汗を吸収し風もとうします。 きものに柄があるので、無地感覚の帯がよいです。 やはりトンボ玉の帯〆で全体を〆ます。

  • きもの1:小千谷縮(麻100%)¥73,500(仕立て代共)
  • 帯   :絽染め帯(麻100%)¥100,000(仕立て代共)
  • 帯〆  :トンボ玉(手組み日本製)¥39,900
  • 帯あげ :絞り黒地(絹100%)¥13,650
  • きもの2:綿絽浴衣(綿100%)¥42,300(仕立て代共)
  • 帯   :半幅(麻100%)¥11,550
  • 帯〆  :トンボ玉(手組み日本製)¥39,900

おしゃれバック

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

おしゃれきもの(紬や小紋)や浴衣によいですよ。 ネットショップにも詳細出します。見てください。

  • 左端 :横須賀プランツ製作:
    26cmx11cmx5cm(カゴ部分)¥6,090
  • 左  :横須賀プランツ製作:
    26cmx11cmx5cm(カゴ部分)¥6,090
  • 真ん中:横須賀プランツ製作:
    26cmx11cmx5cm(カゴ部分)¥6,090
  • 右  :きんぎょ柄:
    23cmx11cmx11cm(カゴ部分)¥5,040
  • 右端 :巾着タイプ:
    19cmx8cmx22cm(絹・草木染め)¥4,800

おしゃれバック2

これらのバックは秋や春にも。また着物でなくてもよいですよ。

  • 左端 :15cmx10cmx9cm(竹の所)¥3,675
  • 左  :17cmx11cmx11cm(竹の所)¥8,400
  • 真ん中:18cmx12cmx16cm(竹の所)¥6,300
  • 右  :18cmx7cmx22cm ¥4,800
  • 右端 :20cmx8cmx22cm(竹の所)¥6,090

ゆかたコーディネート

帯と小物を変えるだけで・・・・・

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

浴衣は、紬生地なので肌にべったり感がなく、とても涼しく着れます。 帯と小物を変えるだけで随分印象が変わります。
左から、小粋な感じの綿染め半幅帯、 エレガントな桜色の博多織り半幅帯、 キュートな桜色の博多織り半幅帯、 薄黄色がさわやかな感じの博多織り半幅帯です。

  • きもの :紬浴衣(綿100%) ¥43,350(仕立代共)
  • 帯びとめ:手組み日本製  ¥39,900
  • 半幅帯:黒〔綿染め帯〕¥7,140
  • 半幅帯:桜色〔博多織り 絹100%〕¥24,150
  • 半幅帯:桜色〔博多織り 絹100%〕¥24,150
  • 半幅帯:薄黄〔博多織り 絹100%〕¥24,150

夏のきもの

がいこつ柄ゆかた

がいこつ柄は昔より着物の裏地や襦袢に使われました。 この模様を身につけると長生きできるとか、死神が仲間と思い近づかないとか、いい意味で多く使われました。(貧乏神は別です)

  • 浴衣(がいこつ柄):綿100% ¥31,000(仕立代共)
  • 半幅帯:綿100%¥7,150

竺仙絹紅梅(ちくせんきぬこうばい)

紅梅(こうばい)とは、格子に織り上げた生地をいいます。
この着物は薄くて、軽く、そして風通しがよく蝉の羽みたいです。色柄は職人さんによる長板染めです。 夏の着物として是非ともお進めします。

  • きもの:竺仙絹紅梅(ちくせんきぬこうばい)
    絹100% ¥80,900(仕立代共)
  • 帯(表地:麻 / 裏地:綿):半幅手描きローケツ染め
    (藍、くり、べんがら)¥68,250(仕立代共)
  • 帯締め:(トンボ玉)手組み日本製  ¥39,900
  • ぞうり(コルク台):鼻緒:川島プランツ
    制作:浅草ketoy  ¥12,600

小千谷縮(おぢやちぢみ)

とにかく見た瞬間にクールである!
この着物は麻100%で雪国の新潟県で創られ(写真の雪景色の所で、今年3月に行きました) 雪の中で生まれた小千谷縮なので雪の精も入ってるような涼しさは夏の着物として最高と思います! 帯締めはアイスグリーン色!帯揚げも絽と紗の入った別注品の生地に手描きのボカシ染め。

  • きもの :小千谷縮(麻) ¥70,000(仕立代共)
  • おび  :名古屋帯(絹) ¥120,000(仕立代共)
  • 帯び締め:手組み(絹)  ¥36,750
  • 帯揚げ :手描き(絹)  ¥18,900
  • 草履  :台はコルク鼻緒はオリジナル ¥13,800

小千谷縮(おぢやちぢみ)

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

7月8月の着物として麻100%の小千谷縮の涼しさは最高です。
生地を通して感じる体感温度は気温より涼しく感じます。 帯は西陣織りで柄にアジア布を使って創りました。帯締めも3本限定品の手組みです。 この着物姿は濱の粋をだしました。 写真の雪国新潟塩沢地方で創られてます(今年3月に行ったときの写真です。)

  • きもの :小千谷縮(麻) ¥70,000(仕立代共)
  • おび  :名古屋帯(絹) ¥120,000(仕立代共)
  • 帯び締め:手組み(絹)  ¥36,750
  • 帯揚げ :手描き(絹)  ¥18,900
  • 草履  :台は木製 鼻緒はインドシルク ¥12,800

大人浴衣の着こなし提案

竺仙ゆかた(どんぐり柄)

薄茶色に大胆などんぐりの柄が個性的な浴衣です。 綿100%の紬生地は縦縞が薄く入りさらりとした感覚は高級浴衣そのものです。 帯はあえて柄(更紗)の帯をあわせてみました。琉球絣の帯もいいと思います。

  • 浴衣               ¥46500(仕立代共)
  • 帯 :半巾(綿100%)     ¥39900
  • 巾着:8cmx6cm(ミニです) ¥1890

竺仙ゆかた(薄墨色に花柄)

きりりと結んだ花織りの半幅帯にはピンクの帯締め。
若々しく軽やかな夏着物に。

  • 浴衣:紬生地(綿100%)   ¥43350(仕立代共)
  • 帯 :ロートン花織(沖縄県伝統工芸品)¥27300

竺仙ゆかた

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

「浴衣は真夏だけ?」帯を変えるだけでこんなに季節感が変わります。 琉球絣の帯と薄茶の帯にトンボ球の組合せです。

  • 浴衣             ¥43350(仕立代共)
  • 帯:茶の琉球絣(綿100%) ¥17850(仕立代共)
  • 帯:型染め(綿100%)   ¥39900

黒田妙美さんの着物

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

着物は「夢」と名づけられています。
きものを創る上で大事な事は夢をもって創らなければいいものはできません。 夢をもって色柄をつけたきものには、それをまとった人に夢が湧くと思います。 藍、くちなし、茜(あかね)、紫根、臭木(くさぎ)、ゆずりは、の草木で糸を染め上げて織りました。

  • きもの :草木染の手織り紬 ¥380000(仕立代共)
  • おび  :手織り紬     ¥120000(仕立代共)
  • 帯び締め:トンボ玉     ¥39900
  • 帯び締め:赤地       ¥12600
  • 帯揚げ :手描き      ¥18900

夜明けの宇宙の声

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

着物は「夜明けの宇宙の声」と名づけられ 藍、臭木、白樫、くちなし、姥目樫、紫根、杢糸と何色もの草木染めした糸で織り上げた逸品です。 若葉の芽吹き、薫風、清流、などなどそれら自然の宇宙の声となり、そのまま織り込んだような作品です。 こんなきものを着ると人は美しくなり幸福につつまれると思います。

  • きもの :草木染の手織り紬  ¥465000(仕立代共)
  • おび  :草木染手織り紬   ¥146000(仕立代共)
  • 帯び締め:トンボ玉      ¥39900
  • 帯び締め:ひら組       ¥39900
  • 帯揚げ :手描き       ¥18900

続・横浜きもの

春の洒落戯小紋

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

帯締めや帯揚げにより、こんなに変化します

布には力があります
丹精こめて創られたきものには魂が宿っています
そんなきものを着ると力が湧いてきます

  • きもの :花菱小紋(京都)      ¥180,000
  • 帯   :西陣織り名古屋帯(京都)  ¥98,000
  • 帯び締め:手組み水引(日本製)    ¥24,100
  • 帯揚げ :ちりめん手描き(日本製)  ¥18,900

春の紬(野蚕糸使い)

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

布には力があります
丹精こめて創られたきものには魂が宿っています
そんなきものを着ると力が湧いてきます

  • きもの:野蚕入り小千谷縮み紬 ¥200,000(仕立代共)
  • 帯:草木染めインド布名古屋帯 ¥126,000(仕立代共)
  • 帯揚げ :ちりめん手描きボカシ   ¥18,900
  • 帯び締め:手組み水引(日本製)   ¥24,100
  • 帯留め :手組みトンボ玉      ¥49,900

横浜きもの

その1

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

「横浜のきもの」を想いながら、きもの美を創ってます。帯は横浜産の(浜なし)の枝で染めた真綿紬で織り上げました。 帯び締めにクリアーイエローを使い若さと元気をだしてモダンで横浜らしくを表現しました。

  • きもの(手織り紬 草木染め:黒田妙美 作) ¥450,000
  • 帯(手織り紬 草木[浜なし]:黒田妙美 作) ¥168,000
  • 帯び締め(トンボ玉 日本製)       ¥39,900
  • 帯揚げ(ちりめん生地に手描きぼかし)   ¥18,900
  • 下駄(鼻緒[インドシルク]:浅草堀越 作)  ¥12,600

その2

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

「横浜きもの」を縞の染小紋で。横浜らしい粋な感じを出しながら、キモノ姿を組み立ててみました。

  • きもの(東京染小紋/浜ちりめん地)¥250,000(仕立代共)
  • 帯(西陣袋帯)         ¥300,000(仕立代共)
  • 帯び締め(平組 手組日本製)      ¥29,400
  • 帯揚げ(ちりめん生地に手描きぼかし)  ¥18,900
  • 草履(浅草堀越製)           ¥16,800

その3

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

「横浜きもの」を想いながらきもの美を創っていきます。 帯は横浜ブルー。きものはホワイト。帯び締め・帯揚げは、イエローを使いながらも上品に!

  • きもの(小千谷紬・野蚕入り)  ¥200,000(仕立代共)
  • 帯(本藍染め紬・冨山麻衣子)  ¥180,000(仕立代共)
  • 帯揚げ(ちりめん手描きぼかし) ¥18,900
  • 帯び締め(手組み日本製)    ¥24,100
  • 草履(浅草堀越製)       ¥16,800

白大島と紅型染帯

定番の組み合わせ その1

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

大島紬の中でも白大島は生産量が大変少ないです。
白にも真っ白、象牙色、薄黄色、桜色など様々ですが、白い地色なので帯はどんな帯でも合います。
写真の紅型染(びんがたぞめ)の帯は定番となってますが、帯締めや帯揚げにより、その表現が変わります。

  • きもの(白大島)   ¥165,000(仕立代共)
  • 帯(紅型染)     ¥280,000(仕立代共)
  • 帯揚げ(縮緬無地)  ¥3,500
  • 帯び締め(手組み国産)¥24,100

定番の組み合わせ その2

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

大島紬の中でも白大島は生産量が大変少ないです。
白にも真っ白、象牙色、薄黄色、桜色など様々ですが、白い地色なので帯はどんな帯でも合います。
写真の紅型染(びんがたぞめ)の帯は定番となってますが、帯締めや帯揚げにより、その表現が変わります。

  • きもの(白大島)   ¥165,000(仕立代共)
  • 帯(紅型染)     ¥280,000(仕立代共)
  • 帯揚げ(縮緬無地)  ¥3,500
  • 帯び締め       ¥8,500
  • 帯び留め       ¥6,300

定番の組み合わせ その3

※正方形の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます

大島紬の中でも白大島は生産量が大変少ないです。
白にも真っ白、象牙色、薄黄色、桜色など様々ですが、白い地色なので帯はどんな帯でも合います。
写真の紅型染(びんがたぞめ)の帯は定番となってますが、帯締めや帯揚げにより、その表現が変わります。

  • きもの(白大島)   ¥165,000(仕立代共)
  • 帯(紅型染)     ¥280,000(仕立代共)
  • 帯揚げ(縮緬無地)  ¥3,500
  • 帯び締め(手組み国産)¥39,900(トンボ玉帯留め)

このページの先頭へ